利用ガイド 総合教育センター2階

   配置図               研修講座感染防止運営マニュアル

  

 電   話: 0270-26-9208
 F A X : 0270-20-1284
 E-mail: karisenedu-g.gsn.ed.jp 
                 (@を半角に)
  開 室 日 : 火~金曜日
   (年末年始と国民の祝日は閉室)
 開室時間 : 9:00~17:00

 特色ある教育活動の実現や授業の改善・充実などに役立つ教育資料・図書等を収集し、閲覧・貸出や公開・提供を行っています。
 また、授業研究会や校内研修などへの指導主事の派遣や、総合教育センター所有の教材・教具の貸出・提供による研修支援も行っています。
 なお、
カリキュラムセンターの開室日は、火~金曜日の9:00~17:00、月曜日は返却のみ対応します。


 ※※ それぞれの項目をクリックすると詳細のページに移動します ※※

 

〇 教育資料・教育関係図書
 県内外の学校や研究機関等から提供された教育資料や、校内研修や教材研究などに役立つ教育関係図書などの閲覧・貸出を行っています。貸出は図書5冊、雑誌5冊、研究紀要5冊の1人最大15冊まで、2週間行えます。

 

 ・雑誌一覧

 ・貸出方法

 ・利用券作成方法 

     

〇 資料検索サービス
 カリキュラムセンターでは、先生方に代わって授業や研修に必要な資料を探す「資料検索サービス」を行っています。研修開始前や休み時間等にカリキュラムセンターのカウンターで依頼すれば、研修終了までに必要な資料を準備します。なお、FAXやメールによる事前の受付も可能です。右下の「資料検索サービス申込書」に、探している資料名やキーワードを記入して、カリキュラムセンターまでお申し込み下さい。

「資料検索サービス申込み書(PDF形式)    」    

 

〇 教育用ビデオ・DVDソフト形式 
 人権教育や情報モラル教育などで活用できる教育用ビデオ・DVDソフトを配架しています。

 形態にVHSとDVDがありますので、学校等で利用できるかご確認の上、ご連絡ください。

 

〇 団体貸出文庫

 学校や教育研究所等の団体に校内研修や教材研究、授業に活用できる書籍をパッケージした「団体貸出文庫」の貸出を行っています。(個人への貸出は行っていません)

 「小学校外国語活動」、「小学校外国語絵本」などの校内研修や教材研修、授業に活用できる書籍を複数冊パッケージ化し、最長1カ月間貸出しています。合計数が100冊以内であれば複数のパッケージを借りることができます。

 学校等からのカリキュラムセンターへ電話・FAX・メールで事前に利用状況をご確認の上、下の「団体貸出文庫利用申込書」にてお申込みください。

  団体貸出文庫申込書.jtd


 各学校園の要望に応じて、総合教育センターの指導主事が訪問し、授業研究会やワークショップ、演習など教職員への研修を支援します。

 【研修支援隊 例】

 例)・授業研究会での指導助言
   ・アクティブラーニング研修
   ・ICTを活用した授業づくり研修
   ・特別な支援が必要な子どもへの対応  等
   
   ・授業研究会での指導助言     ・アクティブラーニング研修
   ・ICTを活用した授業づくり研修   ・特別な支援が必要な子どもへの対応

 研修支援隊の「支援メニュー」の例を一覧表にまとめました。
 このメニュー以外の内容でもご相談いただければ対応します。
   「支援メニュー」一覧表(PDFファイル63KB)

【実施の流れ】

 (1) カリキュラムセンター窓口へ申込み【電話・FAX・メール】(様式2)
 (2) 担当指導主事より電話連絡(対応の可否・日程調整 等)
 (3) 研修支援の決定
 (4) 「研修支援隊」申請書(様式3)提出
 (5) 当該市町村教育委員会へ実施の旨を連絡 ※ 県立学校は(5)の必要はありません。
 (6) 研修支援実施

【様 式】

 ●様式2 「研修支援」FAX送付書 PDF形式  一太郎形式  Word形式

 ●様式3「研修支援隊」申請書    PDF形式  一太郎形式  Word形式

 

〇 教材・教具の貸出・提供
 総合教育センターが所有する教材・教具の貸出・提供をすることにより、校内研修等を支援します。


【貸出・提供 例】

 例)・三味線、箏
   ・田中ビネーⅤ、WISC-Ⅳ
   ・デジタル教材 等

  
  【貸出】 三味線、箏、WISC-Ⅳ、田中ビネーⅤ、ロボット教材

       液体窒素実験セット(容器のみ) 等
  【提供】 デジタル教材 等
       ※長期研修員さんが作成したⅭⅮ-R教材を提供しておりますので、ぜひご利用下さい。  

≪お知らせ≫ 液体窒素の提供は行いません。
【実施の流れ】
 (1) カリキュラムセンター窓口へ申込み【電話、FAX、メール】(様式2)
 (2) 担当指導主事より電話連絡(対応の可否・日程調整 等)
 (3) 研修支援の決定
 (4) 「教材・教具の貸出・提供」申請書(様式4)提出
 (5) 貸出・提供
 (6) 期日までに返却

【様 式】
 ●様式2 「研修支援」FAX送付書     PDF形式  一太郎形式  Word形式 
 ●様式4 「教材・教具の貸出・提供」申請書 PDF形式  一太郎形式  Word形式

〇 学習指導案・年間指導計画・シラバス
 総合教育センターに所蔵している平成25年度以降の学習指導案・年間指導計画・シラバスを検索できます。ただし、利用は県内学校関係者に限ります。
※資料を閲覧する際にID、パスワードを要求された場合には、総合教育センターから各校に配布した「研修講座案内」に記載されているID、パスワードをご利用ください。

〇 各種教育資料の閲覧
 □ 情報教育関係
  G-Takや情報モラル教材等
 □ 理科教育関係
  液体窒素の利用や理科関係研究成果等
 □ 生徒指導関係
  C&S質問紙や生徒指導啓発資料等

3 9 8 2 8