所長あいさつ

 竹之内所長

 群馬県総合教育センターのホームページをご利用いただきありがとうございます。
 当センターの歴史は、昭和29年6月25日に本県教育の充実振興を図ることを目的に設置された「群馬県教育研究所」から始まります。以来、今日まで様々な事業を行うとともに、多くの方々にご利用いただいてまいりました。
 本県では、今年度より、新たな教育大綱の下、「第三期群馬県教育振興計画」の基本目標に掲げる「たくましく生きる力をはぐくむ」ために、1人1台端末の活用をはじめとする教育イノベーションを推進しています。また、学校における諸課題が多様化・複雑化する中、学び続ける教員を支援することは、ますます重要になってきていると感じています。そのため、当センターとしては、今日まで積み上げてきた伝統と成果を大切にしながら、全職員で本県教育の更なる充実・発展に取り組んでまいりたいと考えています。
 特に、中核となる「研修事業」「調査研究事業」「教育活動支援事業」「相談事業」の四つの事業について、以下のとおり一層の充実を目指します。

◆「研修事業」では、教職員の資質向上を図るために、魅力ある講座を開設し、学校や教職員の課題解決をサポートすると共に、教育研修員研修を通して人材育成に努めます。
◆「調査研究事業」では、教育の今日的課題や学校等が抱える教育課題の解決に役立つよう調査研究を行います。
◆「教育活動支援事業」では、「カリキュラムセンター」における教育関係資料の収集・提供及び研修支援隊の派遣や「ぐんまスクールネット」でのインターネット接続拠点としての環境提供を行います。
◆「相談事業」では、「子ども教育相談室」を窓口として、電話や来所による子育て相談・保育相談・発達相談・教育相談(いじめ相談)を実施し、関係機関と連携して問題の早期解決に向けて、迅速かつ的確な対応に努めます。

 今年度も、職員一同全力を尽くしてまいりますので、今後とも総合教育センターをご活用いただきますとともに、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。


群馬県総合教育センター所長 竹之内 篤